2015年05月17日

当たり前のことに感謝の日

a1150_001154.jpg

こんにちは。
はるこです。

今日は、母の7回忌法要の日でした。

親戚一同集まってくださって、バタバタと忙しい一日でした。


母が癌で亡くなってからもう6年。

色々あるけど、今はなんだかんだ言って、幸せだなーと思います。

健康だし、仕事もあるし、父も元気でいてくれるし、毎日おいしくご飯が食べられる。

普段当たり前に思っていることですが、それだけでも感謝です。



世界には、今日生きることだけでも必死で、明日がやってくるかどうかわからないような人達もいて、そう考えたらこの日本に生まれたことにも感謝です。

痩せたいとか、あれが欲しいとかこれが欲しいとか、誰かが嫌いとか、そんな風に悩めることにも感謝しないとダメですね。




人気ブログランキングへ


posted by はるこ at 23:56| Comment(0) | 日々のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手汗が気になる人へおすすめです『ファリネ』





こんにちは。

手汗に悩んでる人って、意外に多いですよね。

手の平の汗は、緊張や興奮で汗ばむという精神性発汗で、自律神経が影響しています。

どんな人でも、実は手に汗をかいているのですが、気になる人というのは、汗が出てくる汗腺(エクリン線)の量が多いため、手の平からたくさん汗が出てくるんですね。


そんな手汗で悩む人に多いのが、

「好きな人と手をつなげない」

「人と握手ができない」

「車の運転中汗でハンドルがすべる」

「パソコンのマウスやキーボードがベタベタになる」

等の困ったこと。


私もこの記事を書いていて思い出したんです。

昔、同級生でいつも手の平が湿っている子がいました。

物を受け渡しする時とか、何かの拍子に触れた時、いつも汗で手が濡れていて、

口にも態度にも出さなかったけど、やっぱりちょっと「気持ち悪いな」って思ってしまいました。

ゴメンナサイ。

きっと本人にとっては、深刻な悩みですよね。


今まで、そんな手汗専用のケア製品ってほとんどなかったのですが、ファリネ
は、まさに手汗に悩める人の救世主です。

手軽に持ち運べて、いつでもサッと取り出して使えるファリネは、医薬部外品で日本製、無添加というおススメの手汗用パウダーです。

クロルヒドロキシアルミニウムと酸化亜鉛という汗をブロックする二つの成分が、汗そのものや、汗のにおいを抑えてくれます。


今なら定期コースを申し込むと、37%OFFのキャンペーン中です。

もしも効果がないと感じても、定期コースなら安心の60日間返金保証もついています。

手汗が気になる人は、公式ホームページを見てみてね。







人気ブログランキングへ



posted by はるこ at 00:05| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

誉め上手と誉められ上手

a1370_000453.jpg

こんにちは。
はるこです。

営業の仕事をしている人にとって、人を誉めるということはとても重要です。

私も、会社にはいって新人の頃はよく誉める練習をしました。

「一日に最低3回は絶対に誰かを誉める」とか。

日本人は、普段の生活の中で誰かを誉めるということが少ないので、意外と「誉める」って難しいのです。

心からそう思っていないと、わざとらしく聞こえて、かえって反感を買うことになります。

どうすればいいかというと、

日頃から、人のいいところを探す癖を身につけることです。

最初は難しいと感じますが、習慣になったら、自然と人のいいところに目が行くようになり、勝手に誉め言葉が口から出てくるようになります。


あと、もうひとつ難しいのが、「誉められ上手」になること。

せっかく相手が誉めてくれているのに、「そんなことないです!」ってきっぱり否定したり、「またまた〜、上手いこと言って〜」とかわしたりしたら、相手はあまりいい気分じゃないですよね。

照れくさいっていうのもわかるけど、やっぱり誉められたら、素直に「ありがとうございます」って受け取るほうが、相手も気持ちいいと思うのです。


誉め上手、誉められ上手になって、いい人間関係を作りましょ。





人気ブログランキングへ



posted by はるこ at 01:18| Comment(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

ブログが書けないくらい凹む時

a1380_000065.jpg

そうです。

毎日生きてると色んなことがあります。

ブログを書けないくらい心がズタボロの日だってあるのです。

無理に前向きなことを書こうとしても全然言葉が浮かんでこなくて進まない。

書いては消し、書いては消し、時間だけが過ぎていくんです。


そんな時はどうするか。

「泣く」ことです。

お風呂で泣いたり、部屋を暗くして泣いたりして、とことん落ち込むんです。

泣き始めたら、プツンって線が切れたみたいにどんどん悲しくなって、涙がとまらなくなります。

でもね、ずーっと泣いて、泣きたいだけ泣いたら、「あれ?なんでこんなに泣いてるんだっけ?」ってふと我に返る時が来るんです。

そしたら、何だか急にばかばかしくなって、スッキリします。

実際、泣くことによって、様々なストレス要因となる物質を涙と一緒に流せるんですって。


ひとつ注意点ですが、次の日瞼が腫れないためには、泣いた目をこすらないことです。

こすらずに、涙を流しっぱなしにすると大丈夫です。

思いっきり凹んで、思いっきり泣い後は、バネみたいに凹んだ分だけ勢いがついて元気になれると思うんです。

私が落ち込んでも立ち直りが早い秘訣は、これかもしれません。




人気ブログランキングへ


posted by はるこ at 00:54| Comment(0) | 日々のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

本物が似合う女になる

a0780_000027.jpg

こんにちは。
はるこです。

昨日は出張のため、ブログお休みしました。


私は、毎日、営業で宝石を売っているのですが、毎日本物の宝石に触れていると、本物じゃないものを見たり触ったりした時にすぐに気付くようになります。

ルーペで見たりして詳しく調べなくても、なんとなく違和感を感じるのでわかるんです。

ブランド物のバッグとか財布とかでも、私はあまり鑑定方法とか詳しくないのですが、それがコピー品だった時、なんとなく「ん?」って感じることありますよね。

何が違うかっていうと、オーラが違うんです。

物にも人と同じように周波数があって、本物には本物の周波数があるので。

そして、本物を持ったことのある人は、本物と偽物の周波数の違いに気付けると思うんです。

偽物しか知らない人は気付けない。


イミテーションのアクセサリーでも、それがわかってお洒落が楽しめるなら全然OKだと思うんです。

例えば、シルバーアクセサリーとか、手作りビーズのアクセサリーとかも嫌いじゃないです。

ただ、本物のダイヤに見せかけた人工石とか、本物のパールに見せかけたフェイクパールとかは、やっぱり本物と周波数が違うので、私はすご〜く違和感を感じるのです。

高い周波数のものを身につけることによって、自分自身の周波数も上げることができます。

やっぱり本物の周波数が合う人でいたいですね。





人気ブログランキングへ







posted by はるこ at 01:04| Comment(0) | 日々のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

イメージトレーニングで成功する

a0001_013898.jpg

こんにちは。
はるこです。

イメージトレーニングといえば、どんなスポーツにも取り入れられているトレーニング法ですよね。

私も昔、ゴルフをしていた頃は、よく試していました。

私の場合は、いいショットを打つイメージをして打っても成功することはあまりなくて、

「池にはいるかも!?」「バンカーにつかまるかも!?」っていうイメージの方が、だいたい成功してしまっていましたけど。


スポーツの世界じゃなくても、ビジネスでも恋愛でも何でも、イメージトレーニングしてみるといいと思うんです。

潜在意識の力で、イメージしたことは現実になるから。

例えば、営業の仕事の場合、大事な商談の前に、契約が成立してお客さんが契約書にサインしているところをイメージしてみるとか、

例えば、入試の時、合格発表で自分の番号を見つけるところをいイメージしてみるとか、

例えば、好きな人と、ラブラブでデートしているところをイメージしてみるとか。


具体的にイメージすれば、その通りの現実が引き寄せられるという、『引き寄せの法則』ですが、

うまくいくには、コツがあるのです。

大事なのは、そうなった時の感情を味わうことです。

頭で想像するだけでは、引き寄せの法則は働きません。

こうなりたいという理想の状況をイメージしながら、その時の空気感とか、聞こえてくる音とか、匂いとか、五感をフルに使って感じること。

そしたら自然とわき上がってくる「嬉しい」「幸せ」「やったー!」っていう喜びの感情を味わうこと。

これがうまくできたらイメージトレーニングは大成功です。


私がゴルフで、ナイスショットのイメージトレーニングはうまくいかなかったのに、いつも「池にはまるかも」っていうイメージのとおりになったのは、

「池にはまったら嫌だ!」っていう強烈な感情がそうさせていたのかもしれませんね。





人気ブログランキングへ



posted by はるこ at 00:25| Comment(0) | メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。