2015年05月16日

誉め上手と誉められ上手

a1370_000453.jpg

こんにちは。
はるこです。

営業の仕事をしている人にとって、人を誉めるということはとても重要です。

私も、会社にはいって新人の頃はよく誉める練習をしました。

「一日に最低3回は絶対に誰かを誉める」とか。

日本人は、普段の生活の中で誰かを誉めるということが少ないので、意外と「誉める」って難しいのです。

心からそう思っていないと、わざとらしく聞こえて、かえって反感を買うことになります。

どうすればいいかというと、

日頃から、人のいいところを探す癖を身につけることです。

最初は難しいと感じますが、習慣になったら、自然と人のいいところに目が行くようになり、勝手に誉め言葉が口から出てくるようになります。


あと、もうひとつ難しいのが、「誉められ上手」になること。

せっかく相手が誉めてくれているのに、「そんなことないです!」ってきっぱり否定したり、「またまた〜、上手いこと言って〜」とかわしたりしたら、相手はあまりいい気分じゃないですよね。

照れくさいっていうのもわかるけど、やっぱり誉められたら、素直に「ありがとうございます」って受け取るほうが、相手も気持ちいいと思うのです。


誉め上手、誉められ上手になって、いい人間関係を作りましょ。





人気ブログランキングへ



posted by はるこ at 01:18| Comment(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

苦手な人がいなくなる方法


こんにちは。
はるこです。

営業マンは「商品」を売るな!

新品価格
¥1,404から
(2015/5/7 23:46時点)




たまたま通りかかった本屋さんで、加賀田先生の本を見つけて、思わず手にとりました。

10年位前かな。会社で、営業の神様といわれる加賀田晃さんの研修を受けたことがありました。

その時に教わった営業の極意があるのですが、営業の仕事に関わらず、生活の中でとても役立つ内容でした。

その中のひとつに、『愛対意識』というのがあって、どんな人ともうまくやっていく秘訣だなと思いました。

とにかく、相手の長所だけを見て好きになる。

初対面の人と話す時は、「好きっ」と思って話すこと。

そんな感じの内容だったと思います。

(もしかしたら実際は、もっと深い内容だったかもしれませんが(^_^;))

誰かと話す時、苦手だなって思いながら話していたら、絶対に相手に伝わります。

例えば、相手が不機嫌そうに見えても、怖い顔をしていたとしても、笑顔で、心の中で「好き」って思いながら話すと、その空気が相手にも伝わるんです。

そうやって先に自分から相手を好きになることで、相手が心を開いてくれます。

そしたら苦手な人っていうのが、どんどん少なくなっていくと思うんです。


加賀田先生の授業は、人間関係をうまくやっていく上で、他にもたくさん勉強になりました。

また思い出したら書きますね。


あ、もし営業のお仕事をされている方がおられたら、絶対読んでみた方がいいですよ(^^)



営業マンは「お願い」するな!

新品価格
¥1,404から
(2015/5/8 00:57時点)








人気ブログランキングへ




posted by はるこ at 00:58| Comment(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

ムードメーカーになりませんか?

a1620_000300.jpg

こんにちは。
はるこです。


GWもあと1日でおしまい。

また、いつもの日常がもどってきます。

昔から五月病ってよく言われるけど、GW明けは、疲れやストレスを感じやすいかもしれませんね。

今日は、職場を楽しくする方法として、ムードメーカーになるっていうのを考えてみました。

月曜日の朝が憂鬱にならないためにも、いい環境づくりは大切です。


私、今から20年以上前ですが、OLだった頃に先輩に言われたことがあるのを思い出したんです。

「あなたは、ムードメーカーなんだから」って。

そのあとに続く言葉が何だったのか思い出せないのですが、今から思えば、それって誉め言葉ですよねー。

下っ端で、特に仕事ができたわけでも、話が上手かったわけでも、面白いことが言えたわけでもなかったんですけど。

思い当たるのは、私よく天然なところがあるって言われるのと(今でも時々言われる)、あとよく笑ってたからかなー。

それと、下っ端だから、当然、雑用は自分からすすんでやっていたかも。

要するに、誰でもなれるってことですね。

もしも職場の空気が悪いなって感じたら、誰よりも最初に大きな声で、「おはようございます」って言ってみるとか。

たとえ嫌なことがあっても嫌な顔はせず、いつも「笑顔」を心がけるとか。

小さな習慣だけど、毎日続けることで、周りから信頼され、好かれる人になれると思うんです。

職場の空気を良くすることは、仕事の成果にもつながるし、信頼される人になることは、出世にもつながります。

ムードメーカー、なってみてはどうでしょう?




肌の色が明るくなりました。レビュー記事はこちら

二十年ほいっぷ






人気ブログランキングへ




posted by はるこ at 00:00| Comment(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

好感をもたれる簡単な方法


こんにちは。
今日もご訪問ありがとうございます。


20年間営業の仕事をしてきて身に付けた、人に好感をもたれる方法について書きます。

それはやっぱり“聞き上手”になることです。

話していて心地いい気分にさせてくれる相手には、同姓でも異姓でももう一度会いたくなるものです。


聞き上手のポイントは、営業の基本ですが、相手に7話させて自分は3話すことです。

7対3の割合で、聞く側にまわるんですが、話を聞く時は相手を気持ちよくさせる相槌をうつことがポイントです。

笑顔で、目を輝かせて、すごく興味ありそうに、前のめりで質問しながら聞くんです。

そしたら相手はどんどん気持ちよくなって話し続けるでしょう。

人は、自分に興味をもってくれる人のことは大好きなので、話し終わるころには絶対に気に入られているはずです。


あともうひとつのポイントは、話す時には、相手の話すスピードに合わせることです。

話すテンポが合わないと、波長が合わないと感じてしまいます。


すごく簡単なテクニックですが、営業の仕事じゃなくても、日常生活でいい人間関係を作るためには、絶対聞き上手になった方がいいと思います。

きっと“もう一度会いたい人”と思われるでしょう。




雨が多いこの季節、髪のうねり、広がりが気になったら試してみて。
シャンプーで髪は変わる!★5日分お試しサンプル送料無料【クイーンズバスルーム】






人気ブログランキングへ



posted by はるこ at 01:03| Comment(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

断り上手はかっこいい


こんにちは。
はるこです。

営業の仕事をしていると、毎日色んなお客さんと接するんですけど、「断り下手」な人って多いです。

全くその気がないにもかかわらず、はっきりとNOが言えない人。

私もどちらかというと昔はそうでした。

断るのが悪いと思ってしまって、はっきりしなくて、でも買う気もないし、期待させるもんだから、相手が余計にグイグイきて、最後には居留守使うしかなくなるみたいな。

あ、恋愛でもそんな感じでした。そういえば。

でも営業の仕事をするようになって思うことは、ちゃんと断れる人=相手への思いやりがある人なんですよね。

まぁ、営業なんで、まともにきいてもくれず、「けっこうです!!!」みたいなこともたまにはありますが、それでも断ってくれるだけまだ有難いです。無駄な労力を使わずにすみます。

そして、男性でも女性でも素敵だなと思うのは、やっぱり断り上手な方です。

ちゃんと理由をつけて(嘘でも)断ってくれて「せっかくすすめてくれたのにごめんなさいね。」と付け加えてくれる。

相手を傷つけない言い方で、中途半端に期待をもたせることもないように。

お金持ちほど、そんな断り上手な方が多いような気がします。

ま、営業マン相手にそんなに気を使うことでもないかもしれませんが、恋愛でも、友達づきあいでも、ちゃんとNOが言える方が、結局は人間関係うまくいきますよね。




人気ブログランキングへ






posted by はるこ at 23:37| Comment(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

波動は伝染します

こんにちは。
はるこです。

誰かがイライラすると、必ず周りの人に伝染しますよね。
イライラは波動となって一緒にいる相手に伝わるので、その波動を受けた相手もイライラしてきます。

そうすると、ささいなことで人間関係が悪くなったりします。

では一緒にいる人がイライラしている時はどうしたらいいのでしょう?

そういう時は、関わらないのが一番です。

といってもなかなかそういうわけにはいきませんよね。
特に、家族とか身近な人であれば。

そういう時は、相手のイライラの波動をはねのけるような、高い波動を出すことだと思います。
常に上機嫌でいること。

斎藤一人さんの言葉をお借りすると、「自分で自分の機嫌をとる」こと。

相手がイライラしているのは、相手の勝手な都合であって、自分には関係ないことと思って、スル―しましょう。

そして、出来るだけ楽しいことを思って、上機嫌の高い波動を出しましょう。
そしたら上機嫌の波動が、相手に伝染し、いつの間にか相手のイライラもおさまっていることでしょう。



と偉そうなことを書きましたが、なかなか簡単ではなく、今日もちょっとだけ凹むことがあったので、記事にしてみました。

posted by はるこ at 22:21| Comment(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。