2015年03月31日

いい気分でいることを選択する

こんにちは。
はるこです。

今日はとても気持ちのいいお天気で、そういう日は朝からとても気分がいいです。

いい気分でいるといいことが引き寄せられる。
引き寄せの法則の基本ですね。

では、いい気分でいるにはどうすればいいのでしょう?

いい気分でいることを選択すればいいんですね。

たとえば、私のある朝のことです。

朝出かけに家を出ようとしたら、ストッキングが伝線しているのに気付きました。→ そこで部屋にもどって、ストッキングをはきかえて出かけましたが、そのせいでいつもの電車に乗り遅れました。→ 仕方なく次の電車に乗ると、いつもの電車よりすいていて、いつもは座れないのに座ることができました。

この一連の出来事自体には良いも悪いもなく、良いか悪いかを決めるのは自分です。

「ストッキングは伝染するし、電車には乗り遅れるし、最悪だわー」と思って一日をスタートするのと、「ストッキングの伝線に出かける前に気付いてよかった。電車もすいていて座れたしラッキー♪」と思って一日をスタートするのとでは、その後に起こってくる出来事が全く変わってきます。

何故か?

波動が違うからですね。周波数ともいいます。

自分が出してる感情の周波数と同じ周波数の出来事が引き寄せられます。それが法則です。

明日から4月スタートです。

毎日少しでもいい気分になれるよう、自分で自分の感情を選択していきましょう。




posted by はるこ at 22:50| Comment(0) | メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お客様に感謝

こんにちは。
はるこです。

早いもので、3月もあと1日で終わりですね。

年度末。
いい形で一区切りつけて、4月からまた新しい気持ちでスタートできたらと思います。

私は、営業の仕事をしているのですが、おかげ様で今月の売上目標はクリアすることができました。

営業といってもフリーなので、会社員で会社からお給料をもらっていた時とは違って、売上がなければお給料は0です。

だから、今日ご飯が食べられるのも、温かいお風呂に入れるのも、温かいベッドで眠れるのも、この不況の中、商品を買ってくれるお客様のおかげなんです。

つくづくありがたいと思います。

また新年度がスタートしますが、いつもお客様への感謝の気持ちを忘れない営業マンでいたいです。



posted by はるこ at 00:12| Comment(0) | 日々のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

満腹をやめよう

こんにちは。
はるこです。

さっきTVで「大食い女王決定戦」をやっていて、彼女達はこんなに食べても太らないっていうのは一体どうなっているのかわからないけど、ホントに羨ましいなーと思いながら観てました。

私の周りにもいくら食べても太らないっていう子はいますが、ほとんどの人は、特にこの歳になると(もうすぐ45)、食べたいものを食べたいだけ食べてたら、やっぱり太りますよね。

食事は、腹八分目がダイエットだけじゃなく、健康にもアンチエイジングにもいいって言われていますが、なかなか難しいですよね。
気付いた時には、お腹いっぱいになってて、あーまた食べ過ぎちゃったっていうことが多いです。

でも、それも習慣で変えられます。

腹八分目でやめられないのは、実際に満腹になってから、脳に指令がいくまでに時間差があるから。

だから、まだもうちょっと食べたいかなっていうくらいでやめるようにします。
最初は辛いです。

でも慣れるんです。

誰でも経験があると思うんですが、よく風邪をひいたり胃腸の調子が悪かったりして、2〜3日あまり食べられないと、胃が小さくなったと感じることがありますよね。

それって、実際に胃が小さくなったわけではなく、脳が満腹になったと感じるまでの時間が短くなるからだそうです。

なので最初は辛いですが、慣れれば少ない量でも満腹信号が出るようになるので、十分満足できるようになるってことです。(2週間もすれば慣れるらしいです。)

やっぱり何事も「習慣化」することが大事ですね。




posted by はるこ at 22:21| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

「かぐや姫の物語」をみて思うこと

IMG_0136.JPG

今日は、録画したままみていなかった「かぐや姫の物語」をみました。

すごく良かったです。

まず、絵がすごく美しかった。
その絵にマッチして、歌声もとてもきれいでした。

そして色々と考えさせられました。

かぐや姫は不幸でした。
大きなお屋敷に住み、きれいな着物や、おいしい食事、たくさんの家来達もいて、何不自由ない暮らしを与えられたにも関わらず、幸せを感じられずにいました。

かぐや姫が望んだのは、子供の頃に過ごした山での暮らしでした。
自然と触れ合い、四季を感じ、そしてボロを着て走り回り、食糧を苦労して手に入れるという、「生きている手応え」が欲しかったのでした。

かぐや姫は月に帰らなければならなくなって初めて気付きます。自分は「生きるため」に地球にきたのだということに。

もしも私達が生まれてきたこの世界が、何の苦労も悲しみもない完璧な世界だったら…。

お金もいくらでも使いたいだけ使えて、欲しいものはどんな高級なものでも、望めば結婚相手だってすぐに手に入って、まわりの人達は、何でも自分のいうことをきいてくれる、争いごとなんて一切ないような世界だったとしたら…そしたら生きている実感がないですよね。

だからかぐや姫は、悲しみも苦しみもない月の都に帰りたくなかったのでしょう。

悲しいことや苦しいことがあるから、嬉しいことも楽しいことも感じられる。

お金は苦労して稼ぐからこそ使う時の喜びは大きいし、たまに病気になるからこそ健康のありがたみがわかるし、いつかは別れが来るからこそ一緒にいられる幸せを感じられるんですよね。

私達はみんなかぐや姫なのかもしれません。
「生きるため」に地球にきたんですね。

苦しみや悲しみは、その後にくる幸せを感じるためのスパイスだと思って、生きることを楽しもうと思います。




posted by はるこ at 18:43| Comment(0) | 日々のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

波動は伝染します

こんにちは。
はるこです。

誰かがイライラすると、必ず周りの人に伝染しますよね。
イライラは波動となって一緒にいる相手に伝わるので、その波動を受けた相手もイライラしてきます。

そうすると、ささいなことで人間関係が悪くなったりします。

では一緒にいる人がイライラしている時はどうしたらいいのでしょう?

そういう時は、関わらないのが一番です。

といってもなかなかそういうわけにはいきませんよね。
特に、家族とか身近な人であれば。

そういう時は、相手のイライラの波動をはねのけるような、高い波動を出すことだと思います。
常に上機嫌でいること。

斎藤一人さんの言葉をお借りすると、「自分で自分の機嫌をとる」こと。

相手がイライラしているのは、相手の勝手な都合であって、自分には関係ないことと思って、スル―しましょう。

そして、出来るだけ楽しいことを思って、上機嫌の高い波動を出しましょう。
そしたら上機嫌の波動が、相手に伝染し、いつの間にか相手のイライラもおさまっていることでしょう。



と偉そうなことを書きましたが、なかなか簡単ではなく、今日もちょっとだけ凹むことがあったので、記事にしてみました。

posted by はるこ at 22:21| Comment(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

オーラの出し方

こんにちは。
はるこです。

突然ですが、何かに夢中で打ち込んでる時とか、いい恋愛をしている時、そういう人にはキラキラのオーラがありますよね。

私は以前、女性ばかりの営業会社にいたことがあったんですが、営業なので、誰でも調子いい時もあれば悪い時もあります。売上がいい時っていうのは、独特のオーラがあるんです。自信に満ち溢れているっていうか、すごくきれいにみえるんです。

売上ひとつでこんなに変わるのかーって思いました。

キラキラしたオーラは、人をひきつけますよね。
いい出会いがあるかもです。

それに自分がキラキラしてると、類は友をよぶの法則で、同じようなオーラを持った人が周りに集まります。
そうなるとますますHappyです。

で、そのオーラの出し方ですが、簡単です。

まず、姿勢をよくすることです。歩くときは背筋を伸ばして、歩幅を大きくする。

それからもうひとつは、明るい色の服を着る(くすんだ色の服は気分を暗くします)。

その2つだけで、何も根拠はないけど自信みたいなのがでてくる気がするし、何だかわからないけど楽しい気分になります。

自然と口角があがり、キラキラのオーラが出るでしょう。
是非やってみましょう。

追伸ですが、いつの間にか一日のアクセス数が100を超えていました。
こんなつたないブログに訪問してくださって、恐縮です。ありがとうございます。
できるだけ毎日更新していこうと思いますっ。




posted by はるこ at 15:01| Comment(0) | メンタル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。